祖母は短歌が好きだった。

「ピラミッドようい!」の声がして
祖父と父とに またがる夕べ

家族の短歌は、何気無い日常の一コマをありありと思い出せる。同じ時間を持ち、共通言語が多いからかもしれない。ああそうだ、何しろこの家族に培われたんだものなあ。

あっか

どっちかというと地に足ついてないように見えて地に足ついてる方のサイト。       地に足ついてるようでついてない方としては、「あっかの乙女日記」をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000